計画的に転職しよう

転職で条件が下がる場合どこまで許す?

転職を行う場合、条件が下がることがあります。例えば未経験の場合、あるいは年齢が高いことによるものなど様々です。そして多くの場合、収入が少なくなりますが、どこまでそれを許せるかを定めておくことは大切です。仮に一時的に収入が半分になったとしても、一年後にはそれまでの収入の倍となるならば大抵は許せるのではないでしょうか。もちろん、その一年間生活できるだけの蓄えがあることが必要です。このように様々な条件を加味して考えることが必要です。まず年収が下がる場合、それがどの程度上昇するのかがポイントです。収入が増えるためには、それなりの成果を
出すことが求められます。そしてその成果を出すためには、必要とするスキルを持っていることが大事です。つまり、転職するにあたり、自分の持つスキルが生かせるのかどうかを把握しておく必要があるということです。あるいは就業してから求められるスキルを学ぶことができるかです。このような点を踏まえて、転職後にどれほど収入を増やせるのかを考えることが大事です。それによって、どこまで条件を下げることができるかを判断することになります。また、それだけの価値があるのかどうかを考えることも重要です。たとえ収入面などの条件を下げてでも手に入れたいスキルがあるのであれば、その価値があるということです。例えばそのスキルを備えることによって、より多くの収入を得られる仕事に就けるのであれば価値があるということです。たとえ一年間収入が半分になったとしても、その後に倍の収入を得られる仕事に就けるのであれば耐えることができます。けれども、そのような将来性を期待できないのであれば、たとえ少しであっても条件が下がることは許せないと思いわけです。