計画的に転職しよう

転職活動の服装と情報誌のチェックについて

転職を希望するときにはまず自分のキャリアやスキルを棚卸しして、自分の実力や実績を客観的に分析します。自分が今までやってきた仕事や努力を考えて、アピールすることが出来るところを考えておきます。転職をしたいと思った理由を考えるときには、ポジティブな理由を考えるようにします。勤めていた会社の悪口は避けて、自分のキャリアやスキルを磨きたいなど前向きな理由を考えます。
転職をするときには選択肢の幅を広げるためにも情報誌や求人サイトなどを小まめにチェックして、採用情報を出来るだけ多く集めます。具体的に希望する企業があればその企業のホームページなどをチェックして、採用情報が掲載されていないか確認するようにします。今どのような業種の人材が不足していて、どのような条件で募集をしているのかも調べるようにします。気になる求人があったらその企業について調べて、どのような職場なのか確認してから応募します。
必要な書類である履歴書や職務経歴書などを用意して、締め切りまでに提出します。提出した書類はあらかじめコピーを取っておいて、面接試験などで志望動機を聞かれたときに矛盾が無いようにしておきます。面接試験に進むことが出来たら服装や身だしなみに注意して、社会人としてのマナーを守るようにします。新卒での面接はリクルートスーツですが、中途採用などの面接ではスーツやワンピースなどを選んで、社会人として恥ずかしくない服装を心がけます。清潔感があり、きちんとした服装をするようにします。逆に学生が着るリクルートスーツは避けて、かしこまった場面で着るような服装にします。柄物を身に付けるよりも無地のデザインのものや、落ち着いた色の洋服を選ぶようにします。